一般・審美・矯正の違い

歯医者には主に、一般歯科、審美歯科、矯正歯科があります。まず、一般歯科と審美歯科の違いですが、専門なのかどうかという点が異なります。一般歯科の場合、むし歯や歯周病の治療、義歯の製作など、歯に関するトラブル全般を扱っているのが基本です。一方、審美歯科は歯のクリーニング、ホワイトニング、セラミック矯正など、見た目を美しくすることに重きを置いているのが特徴です。

次に審美歯科と矯正歯科にはどのような違いがあるのでしょうか。たとえば、歯の矯正治療を受ける場合、審美歯科では短期間で見た目を美しくするため、歯のズレかたがひどいケースでは、歯をたくさん削ったり、神経や歯を抜いたりしてセラミック素材の被せ物を使用します。歯のダメージが大きいため、早く美しい見た目が手に入ることと引き換えに、歯の寿命は縮んでしまう可能性があります。

これに対し、矯正歯科での矯正治療は、咬み合わせの改善を目的に、矯正装置を使用して歯やアゴを動かし、期間を費やして正しい咬み合わせや歯並びに変えていきます。審美歯科と違って長期間を治療に要することになりますが、自分の健康な歯をできる限り犠牲にすることなく、矯正治療を受けることが可能な点が、矯正歯科の特徴です。

ちなみに、神奈川県川崎市にある歯科医院「武蔵小杉デンタルクリニック」では審美治療にも矯正治療にも力を入れています。歯の見た目のみならず、機能的にも調和した治療です。口元の印象は顔全体の印象にも非常に影響します。歯にダメージを与えるような審美治療ではなく、高品質な審美、そして咬合治療に取り組んでいる歯科医院もありますので、しっかりと下調べをしてから通うようにしましょう。

審美、矯正ともに非常に重要な治療です。歯との付き合いは一生ですので、妥協せずに信頼の出来る歯科医院を見つけられるようにして下さいね。

 

歯周病治療に強い病院とは

治療実績が豊富にあることや、家族や友人、知人、メディアで取り上げられた、ネットで評判など、ほかの人の評価が高いことは、歯周病治療に強い歯医者かどうかを知るための材料になります。しかし、ほかにも歯周病治療に強い歯医者かどうかを判断するための材料はあります。

まず、歯周病で問題となることの一つとして、骨が溶けてしまう点をあげることができます。一度溶けてしまった骨は諦めるしかないと思う人もいるでしょうが、歯周病治療に強い歯医者では、骨の再生が可能な薬を使った治療が行なわれています。

このほか、歯周病が引き起こされることによって、歯ぐきが下がって歯がグラグラしたり、知覚過敏やむし歯を起こしやすくなったりしてしまいます。一般歯科では歯ぐきの下がり具合が現状よりひどくならないようにケアしますが、歯周病治療に強い歯医者では、歯ぐきが下がっているところとは別の部分の歯ぐきを移植することによって、歯の根っこの部分を包み、美しい見た目に仕上げることが可能です。

さらに、歯周病治療に強い歯医者では、歯周病がある状態でさまざまな治療を行なうことができます。たとえば、歯周病の状態であっても歯並びの矯正を行なったり、人工の歯のインプラントを取りつけたりといったことが可能です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket