歯医者はどこも同じ?

歯医者はどこへ行っても結果は一緒というわけではありません。歯医者はある場所が異なるということで、まず通いやすさに差があります。むし歯や歯周病の治療などで歯医者のお世話になる場合、一回の受診であとは通院の必要がなくなるようなことはまずないです。長くかかる人では数ヶ月通院することもあるため、家から近い、仕事帰りに寄りやすいなど、長く通うことになっても苦にならない歯医者を選ぶことが大切です。また、歯医者は医師をはじめそこで働いている人の人柄も違えば、院内の衛生管理の行き届き具合にも違いがありますし、医師などの知識・技量、導入している医療機器にも差があります。保険診療、自費診療の違いも治療内容次第では違いがあり、金銭的な負担もどこの歯医者に通うのかによって変わってきます。

上記のような理由で、自分が通う歯医者は複数軒を比較して決めることが大切です。なお、むし歯がある、歯ぐきがはれる、歯が抜けた、冷たいものがしみる、歯並びが悪いといった具合に、自分が抱えている歯の悩みによって、通うことにする歯医者を決めることはとくに重要です。歯医者と一口にいっても、一般歯科、審美歯科、矯正歯科のように、複数の診療科目が存在します。各診療科目の特徴を把握し、自分の悩みを解決するのに適した歯医者に相談するのが望ましいです。このサイトでは診療科目別の特徴をご紹介すると共に、歯周病治療に強い歯医者はどのようなところなのかを解説していますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket